まずはお試しで!顧客管理で利用しやすいPOSを探そう

男の人

原価に注意

料理

日本の国民食となっているラーメンは、いろんな味わいのものが楽しめるユニークな麺料理です。太さから、スープの味わいに具材まで、各店舗個性を出しているので、どこの店舗に入っても見た目や味わいが楽しめます。一昔前までは、オーソドックスに醤油や味噌に塩ととんこつスープが主流でしたが、より個性を出すために、トマト味から魚介をつかった出汁に牛骨を使ったものまで登場しています。個性的な面を全面的に出せば、より多くのお客さんを獲得しやすくなるのは確かです。ほかにはないようなラーメンを開発して開業を目指したいと思ったら、注意しておきたいことがあります。

ラーメン屋開業をする場合、誰もが失敗したくないと思ってしまうでしょう。失敗しないためには、まず一杯の原価を考慮することから始めるのがおすすめです。おいしいと思った味のスープや麺に具材で最高の一杯を出したとしても、原価に釣り合ったものではない可能性があります。たくさん売れたとしても、売上が赤字のままとなってしまうことも考えられます。そのため、意識したいことはラーメン一杯の原価を麺、スープ、具材合わせて200円ほどで抑えるのを意識してみませんか。ちゃんと原価通りにおいしい一杯を作れば、赤字経営になるリスクが少なくなります。あるいは、良い素材を仕入れやすくなります。開業経営費用に余裕が生まれるので、従業員を雇いやすくなるのは間違いありません。原価を意識してラーメン屋の開業経営をすれば、長く経営ができるようになりやすいです。